なぜ和婚?
なぜ、和婚が人気?
神前式から、和装衣装の人前式など、
改めて人気を増している和婚。

「大切な式だからこそ日本人らしく伝統の和装で!」「神社の荘厳な雰囲気で式をあげたい!」「日本女性にはやっぱり和装の花嫁衣裳が似合う!」など、和婚が支持される理由はそれぞれですが、和装衣装の人気が一番の理由のようです。和装の花嫁衣裳の美しさが今また新鮮になってきています。

  •   伝統ある厳粛な趣のある建物の中で結婚式が挙げられる
  •   ドレスよりも、白無垢や和装に憧れのある花嫁様の増加!
  •   信条としてチャペル挙式に抵抗がある...。
  •   これからも人生の節目ごとに参拝する場所になる。
和婚人気の 4つの理由 和婚人気の 4つの理由

おトクな秘訣
ウェディングモールからのお約束
誰もが挙げたい結婚式を挙げられる。
そんな幸せを広げたい!

どこでも体験できない
和婚をおトクに!

ichi  和装衣装が断然安い

直接仕入れ、全国一括仕入れで良いお着物を断然お安く提供しています。
種類も約150着と豊富。きっとお似合いの一着が見付かります。

example
白無垢レンタル費用

和装のランクアップも最大¥80,000でこんなブランド和装も!

二  美容・着付代が断然安い

外部スタッフを雇うのではなく、常に常駐する美容着付専任スタッフが多数在籍する為、安定した技術と価格で花嫁をサポートしています。

example
美容・着付け費用

三  小さな結婚式の安心感

お2人を担当する専任のウェディングプランナーが、神社へも同行致します。
突如のゲストへの対応など、お支度中のお2人が慌てることのないように致します。

  • これまで10万組のカップルが小さな結婚式でご結婚!

和婚・神社挙式の歴史

天上の神々から国づくりの命を受けた伊佐奈岐(いざなぎ)、伊佐奈弥(いざなみ)の二柱の神さまが夫婦となり日本の国土と多くの神々をお生みになった神話が日本の「結婚のはじまり」と伝えられています。

平安時代~明治の流れ

結婚の儀式は現代の皇室のご婚儀に受け継がれ、戦国時代には、家の床の間の、神さまのお名前を記した掛け軸の前で、御神酒を交わすという結婚式が主流となりました。当時の皇太子、大正天皇のご結婚の礼が皇居内で行われ、これをきっかけに東京は日比谷大神宮で、翌年一般の人々に向けた、神社が執り行う初めての結婚式が世間の注目を集めました。

近代~今の私たちへ

一般では家で行われる結婚式が主流でしたが、昭和二十年代に入り伝統的な神前結婚式の人気が高まり、全国各地へと広まりはじめます。
その後、神前結婚式は日本全国、津々浦々にまで広く普及し、和の伝統的な形として現在に至ります。

憧れから始まった現在の和婚・神社挙式

今ドキの
和婚スタイル

ゆるふわ洋髪でお似合いスタイル

髪飾りもつけてオシャレに可愛らしさアップ!

詳しくは和装特集で  >

和婚・神社挙式の流れ

 お支度
神社によっては神社でのお支度も可能です。
 参進(花嫁行列)
神職に導かれ、参進が始まります。伶人たちによる雅楽が辺り一帯に流れると、気分が一気に高まります。厳かに、優美に一歩一歩すすみます。
 お手水の儀
神前式では、神聖な祭儀の場に上る際に水で手と口をすすぎ、身を清め、儀式をより厳粛に行います。
 入殿
 修祓
祭儀を行う前にお祓いを受けます。神職が祓詞(はらえことば)を奏上し、大麻(おおぬさ)で新郎新婦および参列者全員のお祓いを行います。この間全員起立で、頭を下げます。
 斎主一拝
斎主(中心となって祭儀を司る神職)にあわせて神前に向かい全員起立し、一礼をします。
 献饌
神職が神前に海や山の幸を奉ります。
 祝詞奏上
斎主が祝詞を奏上し結婚のことを神様にご報告し、末永い幸福を祈ります。この間も全員起立し、頭を下げます。
 三献の儀
巫女の介添えによって神前に供えた御神酒で、大中小3つの盃を使い交互に御神酒をいただくことで、永遠の契りを結びます。
 誓詞奏上
新郎新婦が神前で、誓いの言葉を奏上します。
 指輪の交換
 玉串拝礼
新郎新婦が神前に進み、感謝と祈りを込めて玉串(榊の枝)を奉り、二礼二拍手一礼で拝礼します。
 神楽奉納
※巫女の舞神社によって行わない場合もございます。
 親族盃の儀
両家の家族・親族が御神酒をいただき、親族の固めの儀を行います。
 親族代表玉串拝礼
神社によっては神社でのお支度も可能です。
 撤饌
神職が神饌を下げます。
 斎主一拝
斎主に合わせて、神前に向かい全員起立し、一礼します。
 退殿