水の都大阪で叶う / 大阪の神社結婚式
坐摩神社

八咫烏が導く神社式 坐摩神社

information
坐摩神社での結婚式

住居守護・安産守護・旅行安全の神様として広く信仰を集めている坐摩(いかすり)神社。地元の人たちには、「ざまさん」の愛称で親しまれています。豊かな緑に包まれ、境内はアジサイの名所としても知られ、6月には和のジューンブライドに約200株のアジサイが色鮮やかに咲き競い彩を添えてくれます。

Price & Package
坐摩神社での挙式費用

01.basic set
基本の挙式内容

衣裳・小物
新郎黒紋付・袴+新婦和装1点
親族控室
あり
音響
生演奏
式進行
斎主
美容
新郎新婦和装着付+新婦ヘアメイク+介添え
誓詞
あり

02.original set
坐摩神社での挙式儀礼

花嫁行列
あり
お手水の儀
なし
巫女の舞
あり
挙式時間
11:00/13:00/15:00
その他
髪飾り(アートフラワー)

03.price
挙式の費用

和婚のベーシック合計料金

¥235,000

  • 費用内容
  • 費用内訳:(挙式料金)¥85,000+(初穂料)¥150,000
  • 土日祝挙式の場合は、¥32,400プラス

大阪の坐摩神社で

大切な想い出となる和婚

Appeal
坐摩神社でのご婚礼の魅力

坐摩神社(いかすりじんじゃ)での結婚式 は、大阪市中心部船場鎮座し、同地の守護神的存在である摂津国一宮「坐摩神社」。地元の人たちに「ざまじんじゃ」「ざまさん」の通称で呼ばれ親しまれています。

「いかすり」の語源には諸説ありますが、「居住地を守ること」という意味が転じたとも言われ、御祭神である坐摩大神は、
住居守護の神、安産の神、旅行安全の神として信仰されています。

都心にありながら、豊かな緑に囲まれており、6月には約200株のアジサイが色鮮やかに咲き競い、7月下旬から8月下旬には御神紋「鷺丸」にちなんだサギ草がおふたりの挙式に彩を添えてくれます。

Photo Gallery
フォトギャラリー

挙式の費用

和婚のベーシック合計料金

¥ 235,000

費用内容

  • 費用内訳:(挙式料金)¥85,000+(初穂料)¥150,000
  • 土日祝挙式の場合は、¥32,400プラス

Access
会場アクセス情報

    • 会場住所
    • 〒541-0056
      大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号
    • お車で
    • 境内パーキングあり(5台)
    • 電車で
    • 地下鉄本町駅15番出口または21番出口より徒歩3分

Flow of WAKON
和婚・神社挙式の流れ

神社とプランの決定

お好みの神社と和婚プランを決めていただき、ウェディングモールお客様相談窓口にお電話か専用フォームから来店予約

サロン来店とお申し込み

お近くのサロンに来店後に詳しいお二人のご要望をお伺いして、最高の1日となるようにプランニングし、ご納得後にお申し込み
※お近くにサロンがない場合は、お電話などにてお話を伺わせていただきます。

衣装合わせ

サロンにて衣装合わせを行いますので、お越しくださいませ。
白無垢や色打掛、小物などをご選択いただきまして、ご試着いただけます。
※お近くにサロンがない場合は、お電話などにてお話を伺わせていただきます。

挙式当日

お支度後、挙式となります。
ご家族やご親戚の皆様と大切な一日をお過ごし下さい。
お二人のために心をこめてサポート致します。

ご相談はお気軽に!

「ざまさん」の愛称で地元の人たちから親しまれている「坐摩(いかすり)神社」。大阪中心部船場の守護神として、どっしりと鎮座しています。こちらの神社は、本格的な神前式をご希望のお2人に大変オススメです☆お2人のお支度が整うと、お手水、花嫁行列にて神殿へ進みます。
挙式では、日本古来の雅楽の生演奏が奏でられ、優雅な巫女の舞に祝福され、古式に則った、厳かな雰囲気の中進められます。都心にありながら、緑に囲まれるこの神社で、特別な時間をお過ごしください♪